豊富な記事!ストックフォト専門のサイトはストックフォトサービスサイトの評判口コミ比較公式サイト

ホーム > コラム > 写真を撮るだけで成り立つ夢の生活

写真を撮るだけで成り立つ夢の生活

 ストックフォトとは、ターゲットは企業向けのビジネスです。色んな場面で企業が欲しがる写真を撮影販売することで収入を取っていくことができます。
 企業はその時その時で欲しい写真が専用の写真販売サイトにあればそれを購入し、写真を撮影、提供した人はお金が振り込まれるというシステムです。
 人によってはこのビジネス一本で食べている人もいてます。
 それにカメラが好きな人にはたまらないお仕事ですし、その仕事で食べていけるなんて夢のような話です。
 しかし、この仕事、少し専門的でマニアックな一面を持ちます。カメラを好きな人は撮影テクニックなどを手に入れたいし、見せたがります。
 一つ先に話しておくと、テクニックを売る仕事ではないということです。


 専用のサイトに数多く掲載しても、一つも買ってもらえない人だっているからです。
 これをビジネスとうまくやっていくためには、購入する企業側がなぜストックフォトを購入するのか、どんな写真を求めていくのか、そこから購入することになんのメリットを感じているのかを提供する側も理解する必要があります。
 ただ闇雲に独りよがりの写真を撮影しては提供をしても売れませんし、運良く数枚売れたところで効率は非常に悪いです。
 企業側は、いざその写真があるという時に現地へ行かなくてもそれらの写真を手に入れることができるというところにフォトサイトからの購入でメリットを得ています。
 相手が何を求めているのかをきちんと把握し、ビジネスに挑みましょう。


 では、写真を撮る側は上記のことを理解した上でどんな写真を心がけるといいのでしょうか。よく言われるのはメジャーなものよりマイナーなものがウケがいいと言われています。
 とにかく現地へ旅行など行った時に、これは珍しいと想えるものは全てシャッターを切ることです。
 その中でもひときわ目立つ写真が、沢山の人物が映し出された写真です。外資系の企業がミーティングなどする時に出すパネルには大体現地の人たちの写真が多く使われます。
 それをこちら側で撮影してきて提供することで企業は現地へおもむき撮影しにいかなくてもインターネット上でその写真が手に入ってしまうわけです。
 とてもコスト削減にもなりますし、お手頃です。
 この人はいい写真を撮影してくれると評判がたてば、他の企業も見てくれますし購入してくれます。
 収入が入ればもっと沢山の写真を現地に行って撮影しにいけます。このようにストックフォトのビジネスは成り立っているというわけです。

▲ ページトップへ